キティダイアリー.bmp

2007年09月13日

パピーの白内障/手作り食のこと (訂正あり)

2歳前に左目が白内障になってしまったパピー。
検査もして、もう真っ白で進行を抑える目薬も意味ない状態に一気になってしまいました(若年性で、ホント急激な進行だったようで、その影響でブドウ膜炎も併発しました。)

もう後は手術しかない。

でも、金銭面の問題ももちろん大きいけど、とっても悩みました。

白内障って肝臓が悪いとなりやすいという説が人間の医療界で着目されつつあるようで、今研究段階かな?
代謝異常とたんぱく質変性についての可能性についてかかれた記事をみつけたのでリンクします
http://www.pwpwp.com/sick-dog/ghij/i1.htm

そんな話も聞きました。

パピーは肝臓の数値が悪かったこともあるんです。
先天性だから元々持って生まれたんだろうけど、ちゅらを迎えたストレスも大きく影響したでしょう。
肝臓ももしかしたらストレスが一番の要因だったかもしれない。
とにかく、白内障が発症する少し前までした数ヵ月後に血液検査で肝臓が悪かったパピー。たまたまかもしれないけど、私はその肝臓と白内障の関係性を否定できない気がした。
(要はたんぱく質の代謝とかの問題もあるだろうから)


で、可愛い可愛いパピーのために、私はできる限りのことをしようと決心しました。

まずは、
糖尿病が進行してあとは透析するしかないと言われた人が、飲んで透析をしなくていい程に回復した
という、市販されてるのよりもっと深海からくみ上げた海洋深層水をあげることから始まりました。

飲ませるお水はこれ。お出かけにも持って行ってこれしか飲ませません。
そのうち、食事でも摂れるようにとフードをこの水でふやかして食べさせるようにしました。
(これでなぜかちゅらが良く食べるようになりました・・笑)


それからしばらく経って・・・
ず〜っと考えてたけど、なかなか踏み出せずにいたことを始めましたexclamation×2
手作りごはん


栄養バランスとか心配なのでためらってたけど、ある手作りごはん関係のサイトを見て気持ちが固まったんです。

その中の一文に、
人間は、「今日はお肉だったから明日はお魚」とか、「最近野菜が足りないから今日は野菜をたくさん食べれるごはんにしよう」とか、毎日の食生活の中で自分で調整してますよね?ワンコもそれでいいと思うんです。

みたいな内容のことが書かれていたんです。
人間と犬は違うexclamationと言われてしまえばそれまでですが、私はこの文に妙に納得してしまいました。

それなら私にもできるかもひらめきって。


私が手作り食を選んだ一番の理由、それは
パピーが肝臓の数値が悪くなったこと。
でした。


どんなにいいフードを選んでも、加工されている物。
色んな食材が凝縮されてて、消化するのに消化器系に負担があるんじゃないか?
保存料とか添加物が入っている。

あと、パピー自身のことで、ドライフードをあげてる時、ウンが固くなって毎回ウンをする時悲鳴をあげるんです。ひどい時は肛門から出血することも。

そんなこんなでずっと手作り食を検討してました。
今は保存料とか添加物を使わないフードもたくさん出てきてるけど、それなりにいい値段。
フードにそれだけお金をかけるんなら、自分で食材とかサプリを揃えることもできる。

そして、そのサイトに出会って踏み切れたんです。


フードに少しずつ混ぜて、ゆっくり時間をかけて切り替えをしました。
もう少しで1年くらいになるかな?

今の想いは、
手作りごはんにしてよかった
です。


かわいいパピーがウンの時に悲鳴をあげることも少なくなった
かわいいパピちゅら両方:ウン・チッコの匂いが激減バッド(下向き矢印)
かわいい食が細かったちゅらの食欲がアップしたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
かわいいちゅらが、耳が汚れやすくて(程度は軽いけど外耳炎)時々処置してもらってたけど、よごれにくくなった気がする(夏場がやっぱりでやすいけど、今年の夏は無事でした)
などなど。


もちろんデメリットも色々と。
どんっ(衝撃)ママの負担が増える
どんっ(衝撃)やっぱり栄養面は心配(ちゅらは避妊手術の時に血液検査してもらって問題なかったけど)
どんっ(衝撃)旅行の時や、もしママが入院したら、もし地震などで非難生活を送ることになったら・・・
などなど。


非常用にストックしてあるドライフードの賞味期限が近くなると、時々食べさせたりするんだけど。
ちゅらがドライフードだと食いつきは悪いしひどい時は全然食べなかったりするんだよね。元々カリカリのフードが嫌いな子だったんだけど。
もしホントに避難生活しなきゃいけなくなった時のためにもたま〜には食べて欲しいんだなぁ。(ホントにお腹空けば食べるだろうけど顔(ペロッ)

でもね、ドライフードをあげた時と、手作りごはんをあげた時の食いつきがホント違うの。
これはやっぱり嬉しい。パピーは元々なんでも食べる子だったけど、食が細かったちゅらがガツガツ食べて、お皿をキレイに舐めまわした挙句、もっとないの?って目で見つめるようになった時は嬉しかったんだぁ。


なんだかダラダラ書いちゃったけど、そんなこんなで試行錯誤しながらですが、今後も手作りごはんでやっていこうと思いますexclamation×2
パピーとちゅらが1年でも長生きしてくれることを願って黒ハート

*******************************************

実はここからが本題。
ここまで読んでくれた人ありがとうございます。

実は、パピーの右目が白く濁ってきてるんです。
表面的にはまだよくわからない状態だけど、明らかに奥の方が濁ってきてます。
数ヶ月前に気付いた時、正直ドキっとして胸がギュ―っと締め付けられる思いだった。
でも、きっと気のせいだよね。光の加減だよねかわいい
って思い込ませてパパにも言わなかった。

それから時々チェックしてもやっぱり白い気がする。
つくばのばぁばにはちょこっと「白い気がするんだよねぇ」なんて話したけど、「大丈夫だよ!」って言ってくれた。

でも、ここ数日で確信した。
やっぱり右目も白内障になっちゃったみたい。
さすがにこう思ったからパパにも話した。



どうしよう。どうしたらいい?
パピーはどうしてほしい?


この若さで両目見えないなんてやっぱり可哀想だよね。
タダでさえ神経質で音にも敏感なパピー。
目が見えなくなったらもっと怖い物が増えるよね。


でも、でも、肝臓と関連があるかもしれない白内障。
薬で肝臓を傷めることはしたくない。
でもこのままほっといたらきっとどんどん進行して見えなくなっちゃうだろう・・・


やっぱり片目だけでも手術を受けるべきなのか・・・



私のこの不安や心配な気持ちがパピーに悪影響なのはよ〜くわかってる。パピーの前ではいつもどおりにしてるつもりだけど、心の奥を見られてる気がして心配。

せっかく左目の濁りがちょびーっとずつだけどキレイになってきて、完治は無理でも、このまま右目が発症しないといいなと思ってたのに。


どうしたらいいんだろう・・・・

ニックネーム 千恵 at 01:12| Comment(8) | TrackBack(0) | パピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅くなったけど、ちゅらちゃんお誕生日おめでとう〜☆
元気で1年過ごしてね!
ちゅらちゃん、耳毛もゴージャスになったねぇ〜♪

ちゅらちゃんの、お誕生日のコメント入れに来たらパピー君、大変な事になっていてビックリ!
左は、お水で良くなって来ている事聞いていたから安心してたけど、今度は右までなってしまったのね(T_T)。
頑張って来た千恵さんもちゃんぽんさんもきっと落胆しているだろうけど、肝臓の事もご心配かも知れないけど、最終的には手術が出来ると思ってとにかく前向きに頑張ってね!

Posted by 陸ママ at 2007年09月13日 14:15
随分ご無沙汰しちゃってました。
ちゅらちゃんのBIRTHDAYもリアルタイムでお祝いできなくてすいませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
久しぶりに覗きに来たら、パピー君大変な事になってたんだね!
心配だよね。
いろんな事が心のなかでぐるぐる巡っちゃうと思うけど、千恵さんとちゃんぽんさんなら、パピー君にとって最善の選択をしてあげられると思う。
応援することしか出来ないけど、家族みんなでのりこえて行ってください!!
がんばれ!!!
Posted by なおぴー at 2007年09月13日 18:00
>陸ママさん
ちゅらへのお祝いコメントありがとうございますわーい(嬉しい顔)
耳毛伸びたでしょ〜顔(イヒヒ)1歳半くらいからやっとちょびっとずつ伸びてたんですが、避妊手術した影響もあるかもしれませんね。

パピー、右目もなっちゃいました顔(泣)
でも、左目に気付いた時ほどのショックもなかったし、どっか「やっぱり」っていう思いもあります。
今の所見えてはいるようなので、とりあえず眼科に行ってこようかなぁと思ってます。
いつも心配してくれて、気にかけてくれてありがとうございます。
最近全然ブログにもお邪魔してないのに。また時々見に行きますねるんるん
Posted by ちえ(管理人) at 2007年09月15日 18:19
>なおぴーさん
お久しぶりですわーい(嬉しい顔)
かもねぎさんのブログで元気そうな様子は見せてもらってますよ〜るんるん

パピーねぇ。覚悟してたつもりだけどやっぱりいざ本当になっちゃうとショックだよね(^^;)
でもね、左目がなった時みたいに泣いてばかりになるほどのショックはなかったんだ。
ショックとか悲しんでるより、「さてどうしよう」って感じ。
とりあえず眼科で見てもらうつもりなんだけど。
いつもありがとう黒ハート
かもねぎ一家にはいつもいつも助けてもらってます。またそのうち遊びに行かせてねるんるん
Posted by ちえ(管理人) at 2007年09月15日 18:23
そんなことが起きていたのね。左目の回復をみているから、右もって信じたい感じもするよね。今パピーがどのくらい見えてて、どのくらい見えないのかがわかればいいのに。。
わんこの手術に関して知識がないから、わからないんだけど、成功率とかは高いのかしら?とりあえず専門家にしっかり診てもらってからになるのかな?今は戸惑うことも多いと思うけど、きっとパピーにも、ちえにとっても納得のいく答えが出ると信じてます!
Posted by みきりん at 2007年09月20日 23:35
>みきりん
そうなのよ〜もうやだ〜(悲しい顔)
でもまだ希望は捨ててないからね顔(イヒヒ)
犬の白内障手術も人間と同じなんだよひらめきただ、人間みたいにじっとしてられないから全身麻酔なの。あとは術後のケアが大変とか言うからその辺は手術を考えた時に眼科の先生に聞いて見るよ耳
ありがとねるんるん
Posted by ちえ(管理人) at 2007年09月21日 01:40
ちえさん頑張ってますね。
(偉そうなことを書きますが)悲観するよりも
前に進むことが大事ですよね。
もし障害を持ったとしてもそれを受け入れて
一緒の生活を楽しむことが大事だと思います。
誰にでも出来ることでは無いけどちえさんと
パピーくんが笑顔で居られればどんなことでも
乗り越えられると思います。
(ホント、偉そうなことを言ってゴメンなさい。手(グー))
Posted by vivipapa at 2007年09月29日 06:01
>vivipapaさん
ご無沙汰してます(^^)
偉そうだなんてそんなことないですよあせあせ(飛び散る汗)他の方の意見を聞けるのはとってもありがたいですわーい(嬉しい顔)
そう、世の中もっと大変なワンちゃんもたくさんいるんですもんね。だからパピーも病気を持ってるなりに楽しく過ごせる方法を選んであげたいと思っていますかわいい
Posted by ちえ(管理人) at 2007年09月29日 21:56
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1083085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック